マカの効能と更年期障害

マカの効能と更年期障害にはどのような関係があるのでしょうか?

更年期障害といえば閉経期を迎えた女性に立ちはだかる大きな悩みです。人によって発症する時期や期間、症状の度合いは異なりますが、だいたい50代前後に発症します。閉経にともなうエストロゲンの分泌量の減少が原因で、人によっては急速な減少を見せることでホルモンバランスの乱れが極端にあらわれてしまうのです。その結果イライラや過度な不安などの精神面の問題、あるいは下腹部痛倦怠感眠気といった身体上の問題が発症します。

 

マカの効能にはこの更年期障害の改善もあると言います。不妊症や生理不順にも効能があるといわれ注目を集めていますが、それらと同じ働きによって更年期障害の改善にも役立ってくれるのです。

 

ポイントはホルモンバランスの調節効果。不妊症・生理不順への効能では減少しているホルモンの分泌を促し、過剰気味なホルモンを抑制する効果が大きな役割を果たしていましたが、更年期障害の場合は減少しているエストロゲンの分泌を促す効果が重要な鍵を握ります。ラットによる実験では卵巣を摘出した状態でマカを投与した結果、エストロゲンの増加が見られたといいます。

 

なぜマカがホルモンの調節効果やエストロゲンの分泌を増やす効果があるのかはまだ詳しく解明されていませんが、必須アミノ酸やミネラルが豊富に、バランスよく含まれているため、それが相乗効果となって脳下垂体にホルモンの調節を働きかけるからだというのが有力な説です。

 

更年期障害は実際になってみないとその辛さがわからないもの。ひとりで悩んで苦しむことも多いですから、マカの力を借りてみてはいかがでしょうか。
参照:更年期サプリ

 

更年期対策で最も選ばれているのは?更年期サプリメント口コミランキング